スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cojeさんのミク

Cojeさんの制作されたミニミクがダウンロードデータとして公開されていたので、ダウンロードしてBlender内で再現させてみました。
とても作りが細かくて、可愛らしく出来ていると思いました

元はMetasequoiaデータですが、Blenderにインポート出来るのでデータを読み込みました。
後はデータの修復とマテリアル設定が全て無くなっているので、自前で設定し直しました。

Cojeさんのミク

色付きでなおかつ立体データとして自分のパソコンで観られると言うのは新しいスタイルですね

完成!

まだちゃんと設定しきれていないところがありますが、こんな感じで自分のパソコンにCojeさんの作品がきました。
色は多少自分なりにアレンジしているところがありますので、オリジナルとは違っていると思います。

ちなみに背景の四角いキューブが手付かずの状態です。三角面がそのままなのでレンダリング結果がおかしいのはそのためです。
あと髪の毛がオリジナルテクスチャ画像を使うと前髪がツンツンヘアになってしまいましたので、この辺りは自分で修正しました。
Metasequoiaだと普通に見えたのですが、これはどういうわけなのか?今後検証してみたいと思います。

お気に入りの方の作品が間近で観られるなんて贅沢な気分です
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

喜多川さん こんばんは。
もうネタにしてくれているとは思いませんでした。
私ごときの作品をネタにして頂き ありがとうございます。
それにしてもBlenderやっぱ綺麗ですね~。
これが無料って 今だ信じられません。

ちょっと感想なんですが 顔のマテリアル SSS使ってると思いますが 目の周りちょっと赤すぎの様な気がします。
好みの問題かもしれませんが あまりSSS利かせすぎるのも 嫌味な感じがするので 若干抑えた方がいいかもです。
SSSは陰影も飛んでしまう為 絵が平面化し易すく 強弱のコントロール難しいです。

あと髪ですが これShadeとメタセコで見え方変わってしまうので メタセコ用に透明度のテクスチャ変更しています。(多分 喜多川さんの修正方法は間違っていないと思います。)
また髪は平面すぎるのでノーマルマップとかで 凹凸を明確にすれば ディテールアップになると思います。

マテリアルは好みもあり 人それぞれとは思いますが あくまで個人的な感想なので参考にして頂けると幸いです。

それでは おやすみなさい!

No title

早速ネタにしてましたv-413
とても細かい作りで参考になります。たくさんのオブジェクトでさぞ大変だったろうと思いました。

やってみて思ったのは、デジタルな塗り絵と言う感じがしました。もちろん、テクスチャをオリジナルのまま再現すればそのままの状態が観られますが、せっかくなので、ちょっとずつ色味を変えてみたりしています

〉顔のマテリアル SSS使ってると思いますが 目の周りちょっと赤すぎの様な気がします。

まだSSSは未設定でした。代わりに最近良く使っているレイヤーウェイトと言うグラデーションがかかるような設定を使っています。擬似的なSSSと言えなくもないのですが、面の向きが自分から見て正面を向いているのと、面が垂直方向になっているので色味が変えられるような面白い機能があるので、それを利用しています。

目のくぼみ辺りで強く反応してしまっているようで、赤みの色がそのまま出てきてしまっていました。もう少し色味の調整や数値の調整をしてみようと思います。

制作者からの直接のアドバイスは有り難いです。
色々と素材を使って楽しんでみようと思いますv-410
プロフィール

喜多川春望

Author:喜多川春望
3DCG(Shade)や音楽(Cubase)を作っております。興味のある方はどうぞご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
バナー付きリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。