【画像投稿サイト】頑張ってます(^^

現在、レンタルサーバーの試用期間を利用しながらWEBサイト制作を勉強しています。
途中経過のご報告ということになりますが、現在以下の様なサイトを構成しています。

OpenPNE2によるサイト

OpenPNE2.png
※おそらくartistsideが使用している画像投稿システム
※テストにつき、投稿画像についてはモザイク処理をさせて頂いております【以下同文】。

OpenPNE3によるサイト
OpenPNE3.png
※OpenPNE2の上位バージョン

Gallery3によるサイト
Gallery3.png
※この状態がセットになってWEBサイトが構築できるというフリープログラム

これらはオープンソースと言う、いわゆるフリープログラムを利用してのものなので、どのように改変しても問題ないWEBサイトの見本となります。ただ、OpenPNEは現在見せかけ状態でして、実際はサムネイル表示が出来ない状態です…できているようにみえるのは単純にHTML文章を使ってサムネイルを表示させている似すぎません。本来は投稿された画像IDを拾ってきて、それを表示させるようなプログラムが必要なんですが、全くわかっていません(^^;

これらのプログラムは仕組みがわかっている方にとってはそれほど苦にならないのでしょうが、私はそういう知識が無いため、四苦八苦している状態です…コメント下さったghidさんの仰る通り、非常に重荷になっています(^^;

それで、現在もう一つの方法を考えてますが、こちらもオープンソースであるWordPressと言うプラグインが大量に存在しているフリープログラムを使ってのWEBサイト構築を考えています。

WordPressを使った画像投稿サイトの例
WordPress.png

会員制、画像投稿ができる、コメントができる、評価が出来ると言う要件を満たせるようにして、なおかつ投稿された画像はサムネイル表示できるように…といろいろとやらなければいけない状態です。加えて見やすいレイアウトも考えないと…となるので、なかなか時間がかかりそうです…

と言うことで、現在考えているのは次の構想です。

①フリープログラムを使用して仮の画像投稿サイトを作る(招待制によるクローズドサイト)
②「①」を運営しつつ、WordPressを使ったWEBサイト制作を行う
③「①」の運営から参加者の方々から意見を集約し、「②」のWEBサイトに反映させる
④「③」の意見を元にWEBサイトを公開する(招待制によるクローズドサイト)
⑤投稿画像サイトが起動に乗ってきたと感じたら一般開放にする(オープンサイト)

と言う感じです。いかがでしょうか?

それと、こういった器が出来たら次に考えなければいけないのが「環境づくり」ではないかと
思います。

駄サイクルの温床となるのが「褒め合い」による評価の応酬かと思います。褒められて伸びる方もいますので一概には言えませんが、褒めるだけではダメだと感じている方は、コメントをもらう際に「アドバイスを求む」と言う事をどこか一文を入れてもらおうと思っています。必要ならば専用ボタンを作って、そのボタンを押すことでページ内に表示されるようにしたいと思っています。(mrさん案)

また、コメントを受ける際に「私はビギナーレベルですので、優しく叱ってください」的な?初心者マークをプロフィールに入れておくという案も頂きました(blackjackさん案)

いずれにしても、こういったものは「自然に発生する流れ」にしたいと思っています。
実はこういった内容を「投稿時の注意」と言う感じで規約化させようかと考えたのですが、それだといちいち投稿時に読んで確認しなければいけませんので、大変面倒かと思っています…

Shade3Dのフォーラムは素晴らしいのが出来たと思っているのですが、やはり「褒め合い」の流れができているように思います。
殺伐とした雰囲気にしたくないと言うのは分からないでもないのですが、上手くなりたいと言う気持がある人からすると「ヌルい環境」あまり刺激を受けずに停滞する原因ともなり得ると思います。

だからといって、毎回否定的なコメントが付いてくると気が滅入ってくると言う気がするので、そういったコメントはON/OFFみたいにスイッチできたらと思っています。要は「コメントが欲しいです/不要です」というのを明確化させたいと思っています。さらには、「私はこの方の作品をみましたよ」と言う事が明確化できるようなボタンを配置すると言うことで作品は見たけどコメントはしませんでした、と言う事が分かるような機能も付けられたらと思っています。(ジャッキーさん案を一部抜粋)

と言う具合でしょうか。今回の件でご意見・アドバイス、また稚拙なサイトながらもテストにご協力頂いております方々には厚く御礼申し上げますm(_ _)m

レンタルサーバーは間借りする状態なので、なかなかここが次のサイトですと明らかに出来なくてすいません。
ただ、レンタルサーバも相性があるのか非常に重かったりするところもあって、こんなにもレスポンスが違うのか?と思っております。
調べた限りではArtistsideはさくらインターネットのレンタルサーバーのようなので、やはりレスポンスの良いサーバーはそれなりの設備の有る所だなぁと感じています。

このような状態では有りますが、もし今回のテストに参加してみたいと言う方がいらっしゃいましたら、無料サーバーにて「Gallery3」と言うプログラムを利用したサイトだけは残りますので、テストに参加してみてください(^^

「Gallery3によるサイト」の入室方法
http://kitaharu.php.xdomain.jp/gallery/index.php/

※テスト段階のため、ユーザ権限が甘くなっておりまして、作品にいたずら出来る状態になってるようです…(^^;
ご注意ください。イタズラが酷いようならサイトを閉めます。
※入室方法は、IDにゲスト、パスワードはゲストを英語(小文字)で入れるようにしてます△。
※もし、個人的にIDがほしいという方は私のメールアドレスに連絡をいただけましたらと思います☆。
△ただし、ゲスト入室期間は限定的にします(9月いっぱいで終了)
☆招待制のため、メールアドレスが必要となっているためです。

「メールアドレス」
kitagawa.harunobu@gmail.com

というのが今週の流れでした~
スポンサーサイト

画像投稿サイトの新規設置を考えてます

この度、artistsideを退会しました。親しくしていただいた方々には申し訳ありませんが、どうにも我慢ならない事がありまして、退会手続きを取らせていただいた次第です。理由についても細かく書こうかと思ったのですが、時間を置くことによって、頭を冷やす機会も生まれて、その点については記載しないでおこうかと思います。正直、個人的な事ですし…

それで、立ち止まっていてはいけないと思いまして、私は「CG画像投稿サイト」を立ち上げようと決めました。
詳細はこちらの記事で少しずつ出していこうと思いますが、現在、各方面からのご意見をいただきまして、次のようなのを要望されています。

<評価システムの有無について>
私は個人的に、評価システムが有ることでいわゆる「駄サイクル現象」が生まれているのかな?と思っておりまして、必要ないか?と思っていたのですが、そうではなく、是非評価システムは入れて欲しいというご意見のほうが多かったのは驚きでした。

理由としては「評価が励みになる」と言う意見が多かったです。
それならばそのシステムは是非とも取り入れたいと思うわけですが、単純に「良し悪し」だけの判断で良いものか?それだと再び「駄サイクル現象」の温床になりかねないか?と思うようになったわけでして、そこに一石を投じたく思います。

これは構想なので、できるか分かりませんが「評価の細分化」と言う事に着手出来ないか?と思っています。
内容については…

・モデリング
・構図
・色彩
・発想
・画面構成


と言うアイデアをご提示いただきました。

「良し悪し」の方式は簡単に作品を見ることも出来て、簡単に投稿・評価も出来るためお手軽さ優先と言う意味では良いのですが、この人が嫌いだから「悪い」にしよう等という個人的な感情で評価される事も多々あるようです。それに、コメントのお礼に評価返しするという行為も「駄サイクル」への要因かと思います。これを防ぐ上でも評価の細分化と言うのは考えてみても良いかなと思っています。

その分、作品に対して細かく見なければいけなくなるため、より作品投稿に対しての本気度も上がってくると思うのです。
お手軽作品を投稿したい方には申し訳ありませんが、他所で投稿することをお勧めいたします。

※ただし、評価システムについては随時ご意見を募集いたします。作品によっては見どころが上記とは異なる場合、例えばストーリー物になっている場合であれば、ストーリー性を評価して欲しい等、作品によって内容が異なる可能性があります。その場合であっても柔軟に対応出来る方法を模索したいと思っています。


<Poser・DAZ等の二次利用作品について>

PoserやDAZ STUDIOのような、配布物利用作品への投稿基準を厳しくしようと思っています。

理由は、制作者への感謝の意識が低いと言う気がしているからです。制作者によっては「配布物なので自由に使って良いですよ」と言う事を明言されている方もいらっしゃるのですが、本当にそれで良いのか?と言う気がしております。
私だったら、最低でも制作者の名前やアイテムの名前くらいは作品の何処かへ記載しておいて、制作者さんへのせめてもの感謝を示そうとしますが、そういう行為をされている方は極小数に感じています。

ただ、コスプレや同人のようなコミケの例もあるため、二次創作物についてはまるっきり厳しすぎると作品というのが生まれにくいかもしれないので、そこまでは禁止しないでおこうと思っています。ただ、二次創作物についてはその利用方法を明言されている場合もありますので、その点は投稿者個人でお調べいただきたく思います。違反と認められる場合は作品の投稿を削除するなどの対応を考えています。

ただ、制作者がデータを広める目的で投稿をされるケースも考えられます。

それはそれでOKです。が、システム上データのUPロードは出来ないかもしれませんので、ご自身のブログをお持ちの方であれば、ブログの方からダウンロードを促すような形でお願いできたらと思います。

<作品への質問コーナーについて>
この作品はどうやって作られたのか?あるいは、総合評価、いわゆるコメントについてですが、これは付けたいと思っています。
SNSの醍醐味であると思うのですが、ユーザ同士で交流を図ることが出来れば良いと思っています。が、これには評価システムは無関係としたいと思います。

artistsideでも色々と人間関係で面倒なことがありましたので、表沙汰にはしたくありませんが、私はコメントしているのに、コメントを返してくれない…と言う意見がありました。私もそれは感じています。古参メンバーが固まっていて、慣れ合いのような状態になっているのは正直見ていて気持の良いものでは無かったです。

作品の投稿が主目的ですが、同時に交流も目的としたい
ので、可能な限りユーザ間の交流が活発になればと思っています。

<管理体制について>

管理は管理人・副管理人と言う具合に、複数体制を考えています。
大規模な投稿サイトにならなければ、私が個人的にやれば良いのですが、もし参加人数が多くなってきて、管理が難しくなったと感じましたら、副管理人システムを検討しています。
まだ先の話になるので、どうなるか分かりませんが管理体制が不十分になると広告投稿や違法な作品投稿が見逃されるケースが有ると思いますので、予め考えておこうと思います。

<ご意見募集について>

と言った感じで、これまでざぁっと書いてみましたが、まだ構想段階なので、どうなるか分かりません。
そして、上記した事でも良いですし、追加項目を考えてというのでも良いと思いますが、このブログを見て参加してみようと思われている方からのご意見を募集したく思います。

個人で立ち上げるサイトになるので、作品を投稿しても旨味のようなものは無いかもしれません。
それでも参加をしてみたいと考えていらっしゃる方がいましたら、是非ともお願いしたく思います。

…というわけで、長々と書きましたが、ご意見やご感想・アイデアのようなものがありましたら、コメントをお願いしたく思います。

Pythonの初歩(覚え書き)

これまで意識的に素通りしていたPythonですが、とうとうやらねばならぬ状況になったので、やることにしました。
と言ってもすごく簡単な内容なんですけど、Shadeでは簡単に出来ていた名前の置換えって奴です。

Blenderはとても良く出来たソフトだと思うのですが、Outliner(Shadeではブラウザに該当します)と言うのが便利なところもあれば不便なところもある状態です。無いところはこれまでアドオンを探したり、スクリプトを探したりしてましたが、どうにも名前の置換え(rename replace)と言うようなのがありません。

検索していった所、これくらいならばスクリプトを作れば簡単でっせと言うような事なので、簡単ならばやってみるか~と言う軽い気持ちで挑戦しました。

Blenderでこれまで全く必要のなかったテキストエディタを開いて、お決まり構文を作ることにしました。まず「import bpy」というのが必ず必要なので、これを打ち込みます。所詮、スクリプト初心者です。これが一体何を意味しているか?知る由もないまま、次に向かいます(すごい適当…)

さて、次から置き換えする対象物が何なのか?と言うことになります。メッシュだったりボーンだったりしますが、オブジェクトモードで変更したいのか、エディットモードで変更したいのか?ということでも文章が違うようです。

とりあえず参考にしたスクリプト文がオブジェクトモードでやりましょうとの事だったので、オブジェクトモードでボーンの名前を変更します、と言うことで進めます。
さらにやりたい内容の詳細ですが「a001」「a002」みたいな名前のボーンの頭文字の「a」を「s」に変更するとします。

まず、オブジェクトモードでボーンの名前を変更したいということで…
「for x in bpy.context.object.data.bones:」を打ち込みます。

続いて「a」を「s」に置換えます。と言うことで…
「 if x.name[0] == 'a':
x.name = 's' + x.name[1:]」

となります。これが正解なのですが、もちろんずぶの素人にいきなり正解は導けるわけもなく、この答えを出すまでに少々苦悩します

まず「x」は数式でよくある代入するための仮の記号と言うことです。「もし「x」が’a’と言う値だったら~」というのが初めの文章で、次は「’s’にしなさい、ただし、初めから1文字以降は同じ文字にしなさい」(で良いのかな)と言う事になるようです。

何に悩んだか?と言うと「[0][1:]」と言ったように、どの文字を残す、残さない、のやり方に迷いました

文字を置換えたいわけだから、初めの文字を交換すれば良いんだよなぁ。だったら両方共頭文字を意味する[0]で良いんじゃないか?と思ってたのですが、これだと文字を置き換えるのではなく、文字を追加すると言う結果になりました。
<ちなみに、x.name = 's' + x.name[0:]が初めに思いついた文章です>

あれ~?何がいけないの?なんで追加しちゃうの?と思って、よくよく考えてみたら文字を置き換えると言うことは、文字を入れ替えると言う事になるので、置き換えたい文字は追加で良いのですが、置換えられる文字は削除の対象にならないといけませんよ~と言う事に気がつきました。

この[0]や[1:]についてですが、簡単に解説しますと数字は文字数を示しています。「:」は残したい文字と言う事になりますが、これが[1:]だったり[:1]だったりした場合は意味が異なります。これは検索でもよく使う[*(アスタリスク)]の考え方と同じと思っていただければわかりやすいと思います。

例えばExplorer検索で「*test.*」等と打ち込んで検索した場合、頭文字は何の文字か分からないけど、名前に「test」が入っているデータを探して欲しいというような使い方があると思います。そんなイメージと同じで、数字の後にある場合はその数字以降は同じ文字を使ってください、と言うようにプログラムしているようです。

つまり[1:]ならば、1文字目以降は同じ文字を残してくださいとなります。[:1]ならば、名前の最後の1文字より前の文字を残してくださいとなります。Blenderを使用されている方ならお分かりかと思いますが、[.L][.R]といったように、語尾に左(Left)右(Right)を意味するこれらの省略文字が入っていると、ミラーリングmodifierを使っても左右非対称な動きを可能にしてくれる名前になるので、この文字を入れ替えたい場合等は意識しないといけない事になります。

と言うことで頭文字を入れ替えるスクリプトは次のようになりました。

import bpy

for x in bpy.context.object.data.bones:
if x.name[0] == 'a':
x.name = 's' + x.name[1:]


※頭文字が[a]だったら[s]を入れなさい、ただし1文字目以降は同じ文字を使いなさい。と言うことで、文字を入れ替えるスクリプトは出来ましたちなみに、もし[1:]が[0:]だったらどうなるかというと、0文字目以降は同じ文字にしなさいとなるので、単純に頭文字が追加されるようになります。

大昔にパソコンを触った時に勉強したBASICで簡単な文字をプリントアウトしなさい、と言うのと同じようなレベルですがこうやってちょとずつプログラムを覚えていくんでしょうね~必要だったらですけど

プロフィール

喜多川春望

Author:喜多川春望
3DCG(Shade)や音楽(Cubase)を作っております。興味のある方はどうぞご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
バナー付きリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR