夏季休暇で飛行機事故

今回はちょっと衝撃的な出来事があったので、そちらを記事にしようと思います。

現在、会社が夏季休暇に入ったと言うことで、実家のある東京都調布市に戻っています。
最近ニュースで耳にすることも多くなっているかと思いますが、調布飛行場のある所です。

まさか…と目を疑いましたが、どうやら飛行場のすぐそばの民家に飛行機が墜落したと言うので驚きました…

場所は味の素スタジアムの周辺で、昔から広い競技場がたくさんあった場所になっています。
ご年配の方はご存知かもしれませんが、東京オリンピックの折り返し地点のある道路のすぐそばです。

昔はあたり一帯を「関東村」と呼んでおり、当時は軍用の住宅もあった場所で、現在はスポーツ施設が沢山並ぶ場所になっています。調布リトルリーグと言う野球の名門チームもこの辺りで練習しています。

私も草野球をしていた時期があり、当時はこの辺りで試合をしたり、練習したりしていたので
とても馴染み深い場所です。

なので、別段小型飛行機が離着陸するのも日常茶飯事でしたし、練習飛行みたいな行為かと思いますが、低空飛行の訓練なんかもしていたように思います。

ただ、今回は違ってしまったようです。事もあろうに、民家に墜落してしまったと言うのです…

なぜか消防自動車のサイレンの音が各方面から鳴り止むことなく、また、どういうわけか上空にもヘリコプターが無数に飛び交い、これはただ事ではないと言う胸騒ぎもありましたが、それが現実のものとして目に飛び込んだときは衝撃を受けました…

私が小さい頃にも近くの中学校に飛行機が墜落したと言う事があったのですが、そのときは幸いにも夏休みのさなかで、被害は最小(と言っても死者は出てますが)でした。今回はまったく無関係の住民まで巻き込まれてしまって、とても悲惨な状況となってしまったようです。

今は「なぜこんな街中に飛行場があるんだ?」と言うような報道が多いのですが、それは全く逆で後から住居が増えているのが現状です。小さい頃、あの辺り一帯はほとんど競技場になっており民家などほとんどありませんでした。どういう法規制があったかわかりませんが、どんどん緩和されていって住居が所狭しと並んでいるのだと思います。

おまけに、滑走路も本来の長さよりも短縮されてしまい、今回のように何かトラブルがあっても引き戻す余裕も無く、墜落の道を選ぶ以外に方法が狭められてしまっています。

都市型飛行場のこれからを問うべき問題なのかもしれませんが、安全を第一に考えるならばもう少し住居と飛行場に間隔を設けるなど、対策は必須かと思います。

それにしても、本日もマスコミのヘリコプターや取材で沢山でした。道路を封鎖したりするので迷惑です。それに航空事故と言うのも考慮して、ヘリからの撮影は極力控えてほしいですね。
飛行音がする度にドキッとするのはしばらく続きそうな気がします…

すいません。少しナーバスになっている所があるようで…

最後になりますが、事故でお亡くなりになられた方へのご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
プロフィール

喜多川春望

Author:喜多川春望
3DCG(Shade)や音楽(Cubase)を作っております。興味のある方はどうぞご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
バナー付きリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR