Shade 14.1.3とartistside

修正パッチのリリース情報注意点です。

今回より、イーフロンティア「e frontier」からShade 3D「Shade3D」フォルダへとインストール先が変更となるので、アップデートの際に注意してくださいとの事です。ここにも今回の問題が反映された形になっています。ちょっと紛らわしいですが注意が必要です。

さらに、Shade3D社はユーザ情報を集めるべく再ユーザ登録にご協力を、との事です。
理由は現在イーフロンティアからユーザ情報の移譲を依頼してるとの事ですが、民事再生法の関係で遅れることが予想されるため、早めにユーザ確認を行ないたいと言うことからだろうと思います。

artistsideの方はメンテナンスが終了したようで再開したようです。
何が変わったのかな?と思ってみてましたが、特に変わった様子は無く…
と思ったのですが、消えているところがありました。

Shade3D社関連のリンクがなくなりましたね。直接あったわけではありませんが、例えばsanzigen.comのリンクが外れたりしていますね。要するにShade3D代表取締役である笹渕 正直さんの運営会社との関係がなくなった事をメンテナンスした様です。

イーフロンティアが依然としてartistsideを運営しているようですが、Shadeとは関連が切れました、と言う事を示すためのメンテナンスだったようで、ユーザにとっては正直どうでも良いところです。
それよりも自身に付けられた広告業者の友人紹介を消すとか、どうでも良い宣伝投稿を消す等のメンテナンスをしていた方が良い様な気がしますけどね…

Shadeも今後は15が発売出来るまでの間、プラグイン販売や修正パッチで何とかつなぐしかないんでしょうね。
本来だったら新バージョン発表で盛り上がっていたと思うところですが、厳しい状況は依然として続くようです。
スポンサーサイト

イーフロンティア、民事再生法&Shade 14.1.3の修正パッチ

今度は「イーフロンティア、民事再生法の適用を申請」だそうです。
どうなるんでしょうね?CGソフト等の大手販売元の危機が訪れてしまったようで…

artistsideの急なメンテナンスも気になりますが、色々と悪いことが重なっている事の表れであるようにも思います。

Shadeは14.1.3と言う、おそらくは出す予定の無かった修正パッチを出すという事でアナウンスがありました。
何とか現在のShadeユーザが離れていく事を食い止めようと必死な様子が伺えます。
Shade 14.1.3の情報(英語)

なお、Shade3Dの公式WEBサイトは日本語版よりも英語版のほうが頻繁に更新されているようです。
最新情報が気になる方は英語版WEBサイトで確認してみると良いかと思います。
Shade(英語版)

(12月16日追記)
公式発表がありました。

「(イーフロンティア)民事再生手続開始の申立てに関するお知らせ」

プロフィール

喜多川春望

Author:喜多川春望
3DCG(Shade)や音楽(Cubase)を作っております。興味のある方はどうぞご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
バナー付きリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR